17歳の女子高生と、バツイチ子持ちの45歳店長の恋のおはなし

恋は雨上がりのように 結末予想

私が現時点で考える結末としては、やっぱりあきらと店長は色々な
困難や問題を乗り越えながらも付き合うことになると思います。

吉澤もあきらと付き合えるように頑張りますが、残念ながらやっぱり
ストレートなあきらは店長以外によそ見をすることがない気がします( ^ω^ )

店長はというと、45歳と17歳いう歳の差と環境の違いから戸惑いも
あり、あきらに諦めるように説得するが内心は少しづつあきらの
気持ちに寄り添っていってしまうのではないのかと思います…。

 

3巻で一部出てきた小説家の方と店長が、過去に恋愛の関係が
あるのかもしれないと私は考えますが、不愛想ながらもいつだって
素直に気持ちを伝えてくれていたあきらに心が動かされ、最終的には
付き合い、ゆくゆくは勇斗ともうまく付き合っていくのではないかと予想します♪( ´▽`)

さて、恋は雨上がりのようにの4巻以降はどうなるのでしょうか(=^・^=)

 

恋は雨上がりのように 登場人物

主人公は高校二年生の橘あきら。

元陸上部でとても足が速いので先輩たちにも期待されていた
エースだったが、大怪我をしてしまってから部活をやめてしまった。

それからファミレスのバイトをするようになった。

このファミレスには、あきらが陸上をできなくなってから落ち込んで
いるときに何気なく入ったファミレス(^ ^)

そこでずっと雨が降る外を眺めていたあきらに声をかけてくれたのが
ファミレスの店長の近藤正己。

へこへこしているためバイトの人にも馬鹿にされるのに慣れて
いるので、他人からは汚い目で見られていると思っている低姿勢な45歳。

 

ちょっぴり頼りない感じもしますが、とても優しい心の持ち主です*\(^o^)/*
そしてバツイチで息子がいる店長。

そんな店長がすきなあきら。

あきらに好きと言われてからの店長は周りの目を気にしがちですが
ストレートなあきらの頑張りもあって少しづつ気持ちが動かされていってしまいます。

 

そして、そんなあきらを好きなのがクラスメイトの吉澤。

あきらが大好きで一生懸命アピールするが全く相手にされていません(笑)

しかしめげずにあきらに近づこうとしてあきらの勤めるファミレスの
バイトに入る吉澤( ^ω^ )

この三人の三角関係がどんどん繰り広げられていき目が離せず面白いです!

 

恋は雨上がりのように 口コミと評判、評価

恋は雨上がりのようにの口コミや評判はとてもいいです!

試し読みから読み始めた方がほとんどの様ですが

「こんなに夢中になれるマンガは久しぶり」

「久しぶりにキュンとくるマンガでした」

「ひさしぶりにドキドキする作品です!」

「普段少年マンガしか読まないのにマンがの世界に入り込んでしまった!」

などと幅広い方々から大好評です( ^ω^ )

 

絵がとても綺麗なので絵に興味を持って読み始めた方もいるよう
ですが、そのような方たちにも内容にも満足しているようで
あっという間に読んでしまったという方がたくさんでした♪

そして様々な口コミや評判がある中でも、こちらの作者様
描写が上手いのはもちろんの事ですが、店長やあきらを
始めとした登場人物の感情表現が上手なので、共感できる
という方や

この先の展開が気になるという方がずば抜けて多かったようです!

 

人気の秘密は、個々のキャラクターの個性がしっかりとあり
読者を退屈させない魅力があるようです(*^_^*)

読者の方はあきらと店長の事を自分の恋の思い出と重ねる方も
多いみたいで親近感を抱いたりドキドキさせられるようですね( ^ω^ )

こちらの作品、まだ未完結なのでこの先の展開がどうなるのかは
読者の皆さん気になって楽しみにしているようです!

 

恋は雨上がりのように 3巻 読んだ感想

3巻は、店長とあきらだけでなくバイトの人たちとの絡みも多かったので
読み応えもありおもしろかったです!( ^ω^ )

今まで従業員のコミュニケーションもなかなか取れていなかった店長が
息子の勇斗が飼うと言いだしたハムスターがきっかけでどんどん
仲良くなっていく姿が見ていて嬉しくなりました♪( ´▽`)

そして3巻はあきらと店長の恋愛の話だけでなく、友達のはるかとの
話もありました( ^ω^ )

同じ中学だったはるかとあきらは陸上部の仲間でとても仲良しでした。

 

そのはるかは中2で引っ越す事になり高校でまた一緒に陸上を
するのが楽しみだった2人。

そんな二人の夢はあきらの怪我によって叶わないものになり
それ以来ちょっと距離ができてしまった2人がなんだか見ていて心が痛みました。

はるかはあきらに距離を置かれているのに気づいているから
どうにか昔のように戻りたくて頑張ろうとするけどなかなか素直に
表現できずにいる姿は応援したくなりました( ^ω^ )

少しづつ距離を縮めていくあきらと店長ですが3巻では違った面も出てきます。

 

1、2巻はなんだかんだで甘い感じの雰囲気が多かった
あきらと店長ですが、3巻では店長の心の闇が見えてきて
ちょっぴり険悪な雰囲気になるシーンがハラハラさせられました。

4巻では店長の心の闇がどう明かされていくのか注目です( *`ω´)

 

恋は雨上がりのように 2巻 読んだ感想

恋は雨上がりのようにの2巻は、店長のあきらへの気持ち
たくさん描かれていて面白かったです。

45歳の自分なんかの事を好きでいてくれる17歳の女子高生の事を
信じられず、あきらの告白をなかった事のように済ませようとして
自分が傷つかないようにセーブしている姿はなんだか共感を抱きました( ^ω^ )

 

そして、年の差だけでなくバツイチで子持ちの自分と、未来や
希望のある若いあきらとの環境の差が店長を苦しめ戸惑わせるシーンは
胸が痛みました(/ _ ; )

そんな店長の姿を見ていると、本当はあきらの気持ちも嬉しくて
答えたいという気持ちが少なからずあるから自分とあきらの事を
比べれしまうのでは?と感じました。

少しづつですが、あきらと過ごす時間で青春時代を思い出しながら
楽しいと思えていた店長が、やっぱり周囲の目や声が気になって
せっかく縮まった距離をまた開けてしまうシーンは歯がゆかったです。

 

だんだんと揺れ動くあきらへの気持ちに見ていてドキドキさせられました(^ ^)

そして、どんなときも店長に対してストレートなあきらにはとても好感が持てました!

普段無表情で不愛想なあきらが、店長にだけ見せる笑顔
オシャレをする姿などはとても可愛くてときめきました♪( ´▽`)

 

好きな人の前だと素直になれるものだと改めて感じて
ほっこりしたシーンが多かったです*\(^o^)/*

そして2巻のラストでは、初めてあがった店長の部屋で隠れているあきら…

3巻でどのような展開になるのかとても気になります!!